広告が Better Ads 標準に準拠していないと、Chrome ブラウザでフィルタされる可能性があります。について

トラブル履歴集
この記事は約6分で読めます。

何気なくアドセンス画面を開くと

これまた突然、その時は

やってきました…!!(またかよ!w)

ん……?

何語かわかりまへん…w

と思ったそこのあなた!!

…。

おっすーと同じですねww

そんな方達(おっすーもですw)の為に

今回は

「広告が Better Ads 標準に準拠していないと、Chrome ブラウザでフィルタされる可能性があります。」

について調べてみました!

広告が Better Ads 標準に準拠していないと、Chrome ブラウザでフィルタされる可能性があります。

Better Ads Standardsってなんじゃ?

「Ads」というワードを見ると

↑の事を思い出します!w

今回も、ads.txtのようなものかと思いきや

「Better Ads Standards」なので

訳すと

「より良い広告の規格」

みたいな意味になります。

より良い広告の規格ってなに?

じゃあ!!

より良い広告の規格ってどんなもの?

という事には

こちらのサイトさん

「Better Ads Standards」とは、オンライン広告のユーザー体験を改善するための基準として、ユーザーが不快に思う12の広告表示スタイルを米国の団体Coalition for Better Ads(CBA)が定めたものだ。

Coalition for Better Adsについて
Coalition for Better Ads(CBA)では、次のような企業や団体を含め全40の組織がメンバーとして活動している。


業界団体

Interactive Advertising Bureau (IAB)
World Federation of Advertisers (WFA)
Association of National Advertisers (ANA)
American Association of Advertising Agencies (4 A’s)
Data & Marketing Association (DMA)


広告主

P&G
ユニリーバ


プラットフォーム

Google
Facebook
Microsoft
Criteo
Taboola


メディア

News Corp
The Washington Post
Omnicom Media Group
Thomson Reuters


web担さんより引用

このような

細かな情報と共にお伝えしてくれています!

( 日本語でありがとうございます!w)

新おっすー
新おっすー

こっちでこんなに細かく伝えてくれてるなら

スマプレで伝える必要性……

はるきち
はるきち

おーっとと!!!

そこから先は一線を越えるから

言っちゃぁ〜ダメだよ!!!w

準拠…?

これは何となく文字の並び的に

約束事を守るみたいな

ニュアンスだと

日本人歴29年なので

一応は理解出来ます!w

はるきち
はるきち

バカだけど、そのぐらいは

わかってるはず…w

しかし、「準拠」という言葉を

人生で初めて聞いたので(学がないです…w)

念の為調べてみました!

すでにある規格基準標準に従うこと。

コトバンクさんより引用
新おっすー
新おっすー

合ってて良かった…w

Chromeブラウザってなに?

Chromeブラウザという事は

Chrome→Googleさんのブラウザという事が

分かりますね!

ちなみに「ブラウザ」とは

webサイトを閲覧する為のソフト、アプリ

みたいなものです!

細かい事を話すと長くなってしまうので

今回は割愛させていただきますが、

ブラウザで検索したいワードを入力→各検索エンジンが情報を提示する

みたいな流れで出来上がっています!w

Chromeブラウザ以外だと…?

では、Chromeブラウザ以外だと

Better Ads Standards

適用されないの?

って思いますよね!

例えば、その他のブラウザで有名なのが

  • Safari(サファリ)
  • Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)

などは、誰もが一度は耳にした事が

ある名前だと思います!

しかし

この答えは検索エンジンの種類を知る事に

よって何となく理解できます!

というのも、検索エンジンの種類には

  • Googleさん
  • yahooさん
  • Bingさん

日本で有名なのはこの3つぐらいだと思います!

が、しかし

Googleさんとyahooさんは

血を分けた兄弟みたいなもので(こちらを参照)

実質、Googleさんvs Bingさんなので

Googleさん陣営が

天下統一しているみたいなものなのです!

(Bingさんすみません!個人的にBingさんを使用した事がほぼ無くて…)

(Bingさん推しの方にも、申し訳ない!)

先程出てきた、iPhoneなどで有名な

  • Safari(サファリ)

も実は、デフォルトの検索エンジン

Googleさんなのです!

新おっすー
新おっすー

Googleさん

はんぱねえっすね…!!

はるきち
はるきち

Googleさんの立ち位置は

ほぼと同じなんだよね…w

という事もふまえて

Chromeブラウザ以外ではどうなの?

という答えとしては

GoogleさんはChromeブラウザ以外でも

検索エンジンだから

何かしら影響はある!

または、近い将来

影響すると思って良いと思います!

サイトのチェックについて

自分のサイトが当てはまるのか

心配になりますよね!

今回は、チェックの方法を

ご紹介します!

チェックの手順

Google Search Consoleを開きます!

メニューの中から

赤枠内、以前のバージョンに戻す

タップしましょう!

こちらの画面が表示されます!

左の赤枠内、Web Tools

タップしましょう!

広告に関する問題レポートが

表示されるので

赤枠内の3つの内の確認したいものを

タップします!

確認済みのプロパティを選択

タップしましょう!

表示された

サイトURLをタップして

終了です!

まとめ

2019年7月9日より

Google chromeでは準拠しない広告を

規制する様です。

確かに、ネットサーフィンをしていると

あからさまに悪質な広告を

あちこちで見かけるので

おっすーはこの活動を推しています!w

ただ自分のサイトが

ステータス:未審査

なので若干のおそれはあります…w

審査が完了するまで

少し様子をみたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました